スポンサードリンク  

 

電力自由化の本当の意味とは

電力自由化の表面的な意味とは、ご家庭で使用している電気を従来の電力会社以外から自由に選んで買うことができる制度です。

しかし、その電力自由化がもたらす本当の意味とは、ひとことでいうとライフスタイルの見直しです。
電力会社が提供する料金プランやメニューを通じてあなたのライフスタイルを主張できる時代が来たのです。

経済産業省では電力自由化について以下のように説明しています。

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。
2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化されることにより、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。
つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになるのです。
出典:電力の小売全面自由化とは 経済産業省 資源エネルギー庁

たとえば東京にお住まいの方なら今までは東京電力の一社のみからしか買うことができませんでした。
しかし、今後は、異業種である携帯電話会社、旅行会社、ガス会社等が提供する電気料金プランから買うことができるようになります。
電気料金の節約だけでなく日常生活で使っているサービスの見直しまでも含めた、まさにライフスタイルの見直しができるようになります。

energy-liberalisation (14)

携帯電話会社など異業種が電気を売る時代に突入

そもそも通信会社が専門外の電気を売るなんてことできるの?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
そこで、私たちの家庭まで電気が届くフローを知るとよりわかりやすくなるので確認してみましょう。

電気供給の流れ

発電(つくる) 従来の電力会社、新電力会社(太陽光発電、風力発電、バイオマス発電等)

送配電(運ぶ) 従来の電力会社

小売(売る) 従来の電力会社のみ→電力小売り事業者(携帯電話会社、旅行会社、ガス会社等)も販売可能

2016年4月からの電力自由化とは、電気を売る部分(小売り)が焦点となっています。
つまり、発電そのものは従来の電力会社や太陽光発電業者といった新電力会社が担い、電気の小売り部分の販売窓口が携帯会社や旅行会社となるイメージです。

保険代理店のようなイメージでもありますが、通信やガス会社といった電気とは別に本業を持つ企業が電気料金とセット割引で電気料金プランを設定するあたりが代理店と異なります。

電力自由化実施スケジュール

2016年4月 電力自由化スタート 消費者保護のため、電気料金の変動などに規制あり
2020年4月 電力完全自由化 電気料金の規制撤廃、送配電部門の独立

少なくとも2020年4月までは、新しい電気料金プランに変更せず現状維持でも従来通り電気を利用できます。
2020年4月以降は、各電力会社の状況をみて従来の電気料金プランを撤廃するかどうかを決めることになっています。

電力自由化の経緯

実は電力自由化は一般家庭以外ではすでに始まっています。
2000年3月~
大規模工場やデパート、病院といった特別高圧(契約電力:2,000kw以上)の電力小売自由化スタート
2000年4月~
中小規模工場などの高圧(契約電力:50kw~2,000kw未満)の電力小売自由化の拡大
2016年4月~
一般家庭や商店を含む低圧(契約電力:50kw未満)の全面自由化

電力の小売自由化の歴史

electric-power-companies03

出典:電力の小売全面自由化とは 経済産業省 資源エネルギー庁

経済産業省は今回の電力小売自由化による経済効果は約8兆円と試算しており、巨大な市場を求めて、異業種からも新規企業が続々と参入してきています。

電力自由化の意味を知ると、あなたが電力自由化で得られるメリットやデメリットについて知りたくなりませんか?
よろしければ以下の記事も続けて読むと理解が深まりますよ。

電力自由化切り替えのメリットとデメリット