連日テレビで話題をさらっているのが電力自由化です。
その注目ポイントは電気料金の割引とともに、スマホ代やガス代など各社本業のサービスとのセット割引です。

突然で恐縮ですが、電力自由化は聞いているけどまだ申し込みまでは踏み切れていない方へお聞きしたいと思います。

もし電力自由化で新電力会社と新たに契約するとしたら、あなたは何を重視しますか?

  • なんとか電気代を抑えたい
  • 停電でも、我が家で電気を利用したい
  • 環境に優しいクリーンエネルギーで電力をまかないたい

 

もし、あなたがこのどれか一つでも当てはまるのなら、あなたにとって『損のない話』だと思いますのでぜひ読み続けてみてください。

電力自由化=新電力会社の切り替えは誤り!?

もしかすると電力自由化=新電力会社に切り替えるだけと思われている方もいらっしゃるかと思います。
そのどれもが『電気を買う』ことが前提となっていますよね。

では、自分の家に『太陽光発電』を設置してしまうとどうでしょうか?
いきなり太陽光発電なんて、そんなまとまったお金は手元にないわと思う方が大半ですよね。
私も最初耳にしたときはムリムリ!と首を激しく横に振ったものです。

しかし、その太陽光発電設置から管理まで全ての費用を新電力会社があなたに代わって負担してくれると聞くとどうでしょう?

え?何言ってるの、そんなことできるわけないでしょ!と突っ込みたくなりますね。
しかし、そのカラクリをよ~く調べてみるとなるほどと腑に落ちました。
この機会に私が学んだことをあなたに整理してご紹介しますね。

自分で調べるよりはるかに楽に知ることができるので、ネットサーフィンがてら流し読みしていただければと思います。

 

電気代割引だけじゃ物足りない!太陽光発電設置も無料に

もしあなたが現在、もしくは将来太陽光パネルを設置したいと思われていたら、全額自己負担せずに、新電力会社の負担で設置してもらってはいかがでしょう。

あなたのご自宅の屋根にじぶん電力が全額負担で太陽光発電システムを設置するかわりに、あなたはじぶん電力から電気を買う仕組みです。
電気代も概算で月額500円程度安くできます。

もちろん、あなたに設置費用を負担していただくことは一切ありません。
実はタダで設置してもらえる以外にももっと大きな特典があります。
一定の契約期間が終わると太陽光発電システムがタダ、無償で丸ごとあなたの資産となるのです。

その資産価値は実に約150万円相当です。
ここが他の新電力会社と大きくことなるメリットです。

jibun-denryoku04

 

地震、台風、豪雨などどんな災害でも停電知らず。我が家だけの非常用電源設備

大きな災害に備えてヘルメットや非常食などは準備されているご家庭も多いかと思いますが、電気の確保は大丈夫でしょうか?

一度大災害が発生すると被災地は長期に渡って停電し、ガスも利用できない可能性があります。
日常生活で大活躍していた電化製品は全て使えなくなります。

そして最も想像したくないのがスマートフォンの電池切れです。
これ、日常生活でも普通に起こりえますよね。
災害時にご家族やご親族、ご友人との安否確認ができないことはもはや致命傷です。

しかし、じぶん電力の無料で設置された太陽光発電があると『非常用コンセント』が家の中に設置されるためもう心配はいりません。
この『非常用コンセント』のおかげでスマートフォンの電池切れからも無縁となり、しかも電気ポットでお湯を沸かすこともできます。

極度の不安にさらされているときにホッとできる温かいお茶はどんなにあなたを励ましてくれることでしょう。

jibun-denryoku03

 

jibun-denryoku03

 

新電力会社切り替えで100%クリーンエネルギーを利用できる唯一の方法とは

東日本大震災の経験で脱原発の世論も広まってきていますが、現実問題として原子力発電による電力供給がないと日本の経済活動は立ち行かないと言われています。

太陽光、水力、風力、バイオマスといった自然を活用したクリーンエネルギーの比率は全体のたった3.2%という状況です。
しかし、あなたのご自宅の屋根に太陽光発電を設置することで原則日中は直接100%太陽光の電気を使用することができます。

発電しない夜間でも株式会社エネットから電源構成の64%が天然ガスの環境負荷の低い電気を使用することができます。

jibun-denryoku01

 

だけどメリットばかりではない、じぶん電力には2つの大きなデメリットが・・

大きく3つのメリットを聞いているとお得なことばかりで欠点はないの?と思いますよね。
私が調べたところやはりデメリットもあります。

私が感じたのは2つです。

電気代割引だけを考えると他社の方が正直安い
電気代の割引だけで他社と比較すると月額約500円程度と大きな割引は期待できません。

20年間という長期契約が前提
これが設置者にとって最大の判断ポイントだと思います。
真剣に太陽光発電設置を検討し、長期的視点で運用する必要があります。

もちろん、中途解約もできますが太陽光発電設置による長期契約のメリットが大きい分、解約の負担も大きくなるため事前に十分な確認が必要です。

 

まとめ

いかがでしたか?
電力自由化はたしかに電気代削減がポイントとなりますが、少し視野を広げ長期的視点に立つと太陽光発電設置により電力をまかなうという考え方もできます。

電気代削減、契約期間満了後の太陽光発電設備の無償譲渡、クリーンエネルギーの最大活用と3拍子そろった電力プランは日本でもおそらくこのじぶん電力だけです。

少しでも興味を持たれたらまずはお金を一切かけずに資料請求だけしてみるのもよいかもしれません。

ただ、一点お伝えすべきことがあります。じぶん電力の本プランは他社より非常に価格メリットが大きく、長期契約に渡るため申し込みに条件が設定されています。

初期費用なしで将来的に太陽光発電設置をご検討されているご家庭で以下の条件に合うようでしたらぜひ資料請求してみてはいかがでしょうか。

<お申し込み条件>

  • 築20年未満もしくは新築予定で、2階建て以下のご物件をご所有の方
  • 蓄電設備または発電設備(太陽光発電、エコウィル、エネファームなど)を、設置されていない方
  • お申し込み者、または同居のご家族が60歳未満であること
  • 上記の他、家屋の強度・日射量・積雪量・塩害の度合いなど審査条件により電力需給契約のお申し込みをお断りさせていただく場合があります。

>>「太陽光を無料設置/じぶん電力」

 

電力自由化のキホンをギュッと3分で知りたい方はこちらの記事を参照ください。

電力自由化切り替え時の疑問27を3分でわかりやすく解説